「効率性と持続可能性がインダストリー4.0を推進」

新しいスマート工場への変化と測定技術の関係は何でしょうか。
製造の将来はデジタル変換にあります。その中心的要素は、全てのプロセスと製品の、毎日、分単位で取得しているデータです。そして、計測学、具体的には寸法が、そのニーズに対応しなければなりません。

インタストリー4.0は現実的に実現可能でしょうか
確かに、インダストリー4.0はインダストリー3.0の結果ではありませんが、デジタル変換があらゆる分野で起きている現代においては不可避です。最初の産業革命でエネルギー、第2次産業革命で生産性を管理するようになり、第3次産業革命でロボットが導入され高品質製造に飛躍を遂げました。現在の第4次産業革命では、効率性と持続可能性という二つの要素が追加されます。

企業は, 実際にこれらの要因を導入することが可能でしょうか。
たとえ品質が上回っているように見えていても、この点に関しては保留中の企業もあるため、すべての業界が同じ出発点にあるわけではありません。しかし、現代産業において、効率性と持続可能性をよく見れば、テクノロジーの恩恵により克服できる可能性があります。そこが我々のチャンスです。

製造企業の競争力は、次に述べる2つの並行したフローの効率的な管理が重要な要素になってきます。調達、加工、製造、流通のプロセス全体にわたる材料と部品の物理的なフロー、もう一つは、製品サイクルの様々な段階(設計、プロトタイプ、生産開始、シリーズ生産)におけるデータ、情報、知識のデジタルフローです。 欧州の再工業化イニシアチブ(ドイツのインダストリー4.0、欧州の未来工場)は、産業プロセスの大規模なデジタル化に取り組んでいます。
計測学 4.0という用語は、インダストリー 4.0と並行して発生します。各産業革命は、それを可能にした計測の道具および方法の開発を必要としていました。インダストリー1.0は、経験主義と当時の科学的視点から生まれ、製品やプロセスの客観的データを得るためのメカニカル計測器の使用が拡大しました。続くインダストリー 2.0では、量産などの高度な製造プロセスの導入が行われ、生産性を高めるためにより洗練された測定技術が開発され、製造プロセスのより高い性能を可能にしました。インダストリー3.0は「オートメーション革命」であり、座標測定機のコンセプトは、センサー、エレクトロニクス、メカニック、プログラマブルロジックを組み合わせた自動化要素として登場しました。最後に、インダストリー 4.0は、デジタル技術を通して、製造業界のデジタル化・仮想化への飛躍を提供します。
製造業においては、製品とプロセスの情報の取り込み・分析・統合に関して、私たちは今日、急進的な変化の始まりを経験しています。人間活動全ての分野において情報通信技術の起こしている変革は、産業界にとっても不可欠です。計測関連の製品とソリューションは、相互接続かつスマート処理が可能で、大量データを格納・処理する能力が必須です。この方程式の重要な要素は、どの機器からでも、同社内の他の機器やシステムと相互運用できることを保証する、デジタルコンポーネントと交換フォーマットの標準化です。

– 出典:Metromeet 2018 Toni Ventura (トニ ベントュラ)