お知らせ

News Related to Metrology Services

  • この一年、専門知識習得に挑戦してみませんか。

    Innovalia metrologyの今年1年の目標は、お客様のニーズに沿ったトレーニング研修とウェビナーで、計測に関する知識のアップデートのお手伝いと、Metromeet計測会議で寸法計測業界の最新情報に触れる機会を提供することです。 トレーニング研修 基本的な計測概念を学ぶ初心者コースから、国際的な認証を取得済の上級者向けコースまで、専門知識がさらに付加価値を提供できる能力となるよう、様々なプログラムを揃えています。これらのコースは、主に品質管理者、技術研究者、測定士、生産管理者、そして計測により付加価値を生み出すことが可能であると認識している全ての方々を対象としています。 寸法計測の基礎と応用のコースでは、初心者から計測技術者など上級者まで、製造業での計測の基礎や最新の知識を共有し強化するものです。寸法、図面、プログラミング、機器やセンサー、形状公差、位置公差、制御プランなどの題材を取り上げ、計測の不確かさを最小限に抑え、高い信頼性と相互比較可能な測定結果の取得を目的とするものです。 接触式測定コースでは、接触式測定の利点と主な要領、スタイラスを用いる際に考慮すべき方法、寸法評価レポートの分析、各ワークの種類に適した測定方法の選択について学びます。バーチャルプロービング、計算幾何学、3D画像、基本的幾何学要素などを含め、3Dスキャニングによるバーチャル計測は、非接触式計測の原理をカバーし、非接触式スキャニングとデータ解析の概念を学ぶため、理論的な概要と実践的な事例を組み合わせて学習します。理論的および実践的な例、各ワークの種類に適したセンサー選択、寸法評価レポートのための品質データ処理など、ハイブリッド測定コースでは、接触式および非接触式測定の長所と短所を取り上げます。 機上計測ソリューションのコースでは、工作機械における位置決めや計測に関して、ワークのアライメント(座標設定)や機械のセットアップなどの側面を深堀りし、工作機械における機上計測ソフトウェアの基本的な知識を学びます。三次元測定機校正コースは、正しく校正し、3次元測定器による測定の精度と信頼性を確保するための概念に焦点を絞り、三次元測定機のユーザーにとって大変興味深い内容となっています。三次元測定機用点検治具コースでは、異なる位置決めおよび固定方法を考慮し、点検治具の設計と検証において必要となる知識を学びます。 AUKOM認証取得 AUKOMコースは、認定取得済の講師が担当し、参加者にもAUKOM研修終了証明書が授与されます。 AUKOMレベル1:製造計測の初心者から上級技術者までを対象としたコースで、寸法や図面、プログラミング、装置やセンサー、測定の不確かさの低減、品質管理などの題材を取り上げます。 AUKOM レベル2: 高度な製造計測技術者に焦点を当て、形状公差および位置公差、制御プランの解釈、プログラミング、装置およびセンサー、測定の不確かさの低減、レポート生成、制御媒体の検証、統計パラメータの適用、プロセス制御および優れた測定の心構えなどの題材を取り上げます。 これらのコースは全て、ユーザーのお客様だけでなく、計測に興味をお持ちの方にもご利用いただけます。 ウェビナー、METROMEET計測会議 M3およびM3MHの機能・性能をより詳しくご紹介するため、様々なウェビナーを用意しています。これらのウェビナーでは、異なる種類のセンサー、作業モード、複数センサ、幾何要素、作業手順、測定結果、その他のツールへの対応など、点群の取得、解析、編集作業の最適化に加え、不良品ゼロ製造のためのアライメント、計測、検証を伴う5軸加工機機上計測にも焦点を当てました。 コースに参加ご希望の方はこちらでご登録を。参加希望

  • fsb_2021_2022_verificacion

    Innovalia Metrology FSBと共同研究 

    Innovalia Metrology は、常に人材育成に注力し、将来のエキスパート養成に取り組んでいます。

    この人材育成の目標のもと、当社は様々な研修施設や大学と提携していますが、今回は、ビルバオ工科大学のフォーミュラ学生ビスカヤチーム(Formula Student Bizkaia、略してFSB)との共同研究に関してご紹介いたします。

  • 欧州プロジェクトZ-bre4kを終えて

    3年半にわたる開発期間を終え、今年の3月に欧州プロジェクトZ-Bre4kが終了しました。InnovaliaグループからはTrimek社とInnovalia Associationが参加し、制御機器の予知保全を改善するためのプラットフォームの開発に携わってきました。 Z-Bre4kでは、予期せぬ故障を防ぎ、工場とその工場を構成する機器の稼働寿命の延長を目的に、予知保全戦略とモデルが設計されています。これらの目的と戦略を達成するには、生産データと品質データの相関関係が不可欠です。 注目すべき結果として、測定機VULKANで開発された新しい機能により、マシン使用のコンテキストデータの監視が可能になり、その処理と解釈を可能にすることで三次元測定機のより正確で効率的な使用に貢献し、予知保全戦略の一環として、検証および校正プロセスも最適化可能です。 最終的には、Z-Bre4kは、お客様に提供する高度なソリューションとサービスの継続的な改善と開発のために、Innovaliaグループが当社製品の技術革新および技術開発に向けてさらに躍進するための重要な転機となりました。 詳細に関しては、こちらをクリックしてください:Home — Z-BRE4K