バスクグループInnovaliaは、ビッグデータによるオートメーション業界の競争力向上を目指し、2,000万ユーロを投資してBOOST4.0プロジェクトを牽引

先日1月30日、AIC(Automotive Intelligence Center スマートオートメーションセンター)において、インダストリー4.0に向けた欧州で最大のビッグ・データ・イニシアチブが始動しました。この取り組みは、バスク(スペイン バスク自治州)産業グループが率いる大手オートメーションメーカーより多大な支持を得ており、 Innovalia が主導するBoost 4.0プロジェクトは、欧州産業界を代表するG​​estamp、Volvo、Volkswagen、Capvidia、Philips、Siemens、IBM、Teléfonicaを含むIT及び製造業界の主要企業と協業体制を構築することに成功しました。.

BOOST 4.0イニシアチブは、欧州においてスマート工場のネットワークを築き、欧州産業界で案内役としての役割を果たします。当プロジェクトは、最大規模で欧州産業企業間の協力体制を可能にするだけでなく、2千万ユーロの資金と3年間にわたる一億ユーロの関連投資を行う取り組みです。信頼性も高く、完全に保護された規格やプラットフォーム、オープンAPIのおかげで、ビッグデータと高度な解析ソリューションの採用の加速が促されることになるでしょう。

イベント初日には、プロジェクトに参加した企業の代表者によるプレゼンテーションやスピーチが行われ、中でも、Mario Buisán氏(経済開発庁中小企業総合本部長)はインダストリー4.0ネットワークの欧州連合(EU)の主要戦略に焦点をあて、Francesco Barbato氏(欧州委員会の正式代表)もまた、Boost4.0プロジェクトが欧州産業界に及ぼす影響の展望を述べました。

最後に、バスク自治州政府 経済開発インフラ大臣Arantxa Tapia 氏による講義があり、オートメーションのような最重要部門において発展を継続させるには、Boost 4.0のようなプロジェクトをバスク自治州に定着させることが重要であるとの指摘がありました。

Boost 4.0のイベントは、先週、AICとInnovalia Metrologyの欠陥ゼロ製造・品質管理センターで開設されたばかりのスマート工場訪問ツアーで終わりを迎え、参加者全員が、従来にはないはるかに高度な品質管理方法と、あらゆる産業工程のデジタル化技術を見学し、有意義な日程を終了しました。