第14回Metromeet、インダストリー4.0革命を牽引

General Electric、Innovalia、Whirlpool、Carlsberg、Zeiss、PTB,など、様々な講演を通じて、インダストリー4.0はこの会議のメインテーマとなっています。
国際産業計測会議Metromeetは、今年で第14回目を迎え、スペインはバスク地方ビルバオにあるパラシオ エウスカルドゥナで、3月21日、22日、23日の3日間に渡り開催されます。欧州の主要産業界のリーダー達が集い、生産プロセスの最適化、欠陥ゼロ生産、インダストリー4.0への飛躍について情報を共有します。 Metromeetによって、ビルバオは国際的技術の合流点となり、バスク地方の企業に、サイクルタイム改善に向けた最新技術に触れるチャンスを提供しています。
Innovalia、General Electric、Carlsberg、Novo Nordisk A / S、Creaform、Renishaw、Tekniker、Zeiss、Autodeskのような国際的なプロジェクトを有する企業のトップを講演者に迎え、 Metromeetは今年最も期待の大きい産業会議となりました。 また、PTB、ノッティンガム大学、アントワープ大学、ミュンヘン工科大学、インド政府の法定計量省など、海外からのさまざまな大学およびその他の技術センターの代表者も集まっています。Renishaw、Zeiss、Creaform、Faro、Innovalia Metrologyが主催する当会議は、革新的技術の応用と進歩を最大のテーマとし、急激に進化する産業界において議論の場を構築しようとしているのです。
当会議では、同時通訳システムにより、全ての参加者が会議を楽しめます。中でも、Toni Ventura 氏(Datapixel), Jens Luebbehuesen氏 (General Electric), Claudio Turrin 氏(Whirlpool) y Silvia de la Maza氏 (Innovalia)は、Metromeetを形成する20本の講演の中でも注目を集め、Industry 4.0が提示する主な障害の克服に焦点を合わせています。
23名余りの講演者を迎え、その素晴らしい国際的プロジェクトのおかげで、3月21日、22日、23日の3日間にわたり、ビルバオはインダストリー4.0の中核都市に生まれ変わります。スペインバスク地方において、起業家に無限のビジネスチャンスおよび技術ソリューションのネットワーク作りの場を提供し、企業に欠陥ゼロ製造採用を推進します。