3日間に渡り開催されたMetromeet 国際計測会議では、各産業界の代表者が集い, 計測に関わる開発・企画など活発な情報交換が行われました。

第14回国際産業計測会議においては、General Electric社、Innovaliaグループ、Creaform社、Autodesk社、QISAB社、Capvidia社、Tekniker社、Novo Nordisk社、Carlsberg社のような国際的なプロジェクトを持つ企業に加えて、 PTB、ノッティンガム大学、アントワープ大学、ミュンヘン工科大学、インドの方的計測機関など世界の主要機関の代表者が一堂に会し、また、Innovalia Metrology社、Renishaw社、Faro社、Zeiss社、Creaform社の提供によって実現した本会議は、革新的なコンテンツを有し、Industry 4.0へのプロセスの重要性を認識し、議論を交わしました。
会場となったのはEuskalduna Palaceのメインルームで、Maurizio Ercole氏とInnovalia Groupの社長であるJesúsde la Maza氏により、Metromeetのガイドラインと目的の説明から始まり、Datapixel社のCEOであるToni Ventura氏は、産業計測により欠陥ゼロ製造に至るまでのプロセスをカリスマ性を持って講演、以下の言葉で締めくくりました。「Metromeetは、国、企業、年齢が異なっても、計測の未来に向けて、皆に団結を促します。 」
当会議では、興味深いコンテンツが注目を浴びました。 Ainhoa Etxabarri氏は、会議開催2日目に、 “計測と工作”の講演を行い、CNCとの直接接続を可能にする独自の測定ソフトウェアであるM3MHの発表に加えて、産業プロセスにおける、測定、生産、最適化の斬新な方法を提示しました。
ハイブリッド計測、QIF、3D印刷用のソフトウェアソリューション、Industry 4.0などの非常に魅力的なテーマを取り上げ、座標測定機の父と呼ばれるMaurizio Ercole氏とMissler Software社のJean-Claude Morel氏、Innovia グループの社長であるJesus de la Maza氏、 DatapixelのCEO、Toni Ventura氏らによる挨拶でMetromeetは2日間の会議日程を終了しました。
様々な認識や経験を持つ専門家を囲み、業界の主要なニーズについて話し合い、産業計測の将来について積極的に議論された2日間。 Innovalia は、Metromeetを通じ、品質管理および製造プロセスの改善分野における先進的ソリューションの牽引役として、技術開発とその明確な位置付けへさらにコミットしてまいります。