Zfactorプロジェクトを通じ、Datapixelはより高品質の生産を目指します。

Z-Fact0rプロジェクトは、製造業においてより高い品質と生産性を確保することを主要目的に、2016年に欧州の研究イニシアチブであるHorizon2020の一つとして開始されました。当プロジェクトは42か月間に渡って実施され、R&D、統合と検証、デモ、プロジェクト管理の4つのフェーズに分割されます。コンソーシアムは、EUに本部と計13団体のパートナーから成り、最先端技術の豊富な経験を持ち、製造業における積極的な存在感を発揮しています。

Innovalia Metrologyに所属するDatapixels社は、欧州工場のオンライン生産管理におけるゼロ欠陥戦略プロジェクトの主要メンバーです。先日、AIC (Automotive Intelligence Center)にて、当プロジェクトの開発状況の確認および管理のための会合が開かれ、Innovlia MetrologyのR&Dラボでレーザーと測定システムの機能を見学し、M3テクノロジーのプレゼンで閉会しました。

現在、Datapixel社がタップから高品質な大容量データを収集するソリューションをNECO-Tivoly グループに設計中ですが、当会合中、プロジェクトのパートナーである同グループの企業訪問も行われました。