Uncategorized @jp

  • Metromeet2021

    Metromeet2021オンライン開催で最新技術情報を共有

    先月25日、業界でも注目を集める第17回産業計測国際会議Metromeetが開催されました。これまで常に産業界の直面する課題・技術進歩に焦点を当ててきた甲斐もあり、現在、測定業界においてもベンチマークとなっています。この度は、デジタルおよびスマート計測の恩恵による業界の進歩を共有し、インダストリー4.0、人工知能、ロボット工学、5Gが製造業界の将来にもたらし得る影響も検証できました。また、オンライン形式が功を奏して、計測業界と主要な自動車・航空製造業界の専門家を結びつけ優れたネットワークが構築でき、参加者の増加もあって、将来に向けた相乗効果が期待されます。

    協賛社には、Innovalia Group、Volume Graphics、Tekniker、GF Machine、Zeiss、Action Engineering、Vilniu大学などがあり、15か国以上から講演者と参加者がオンラインで集いました。

  • 工作機械測定ソリューション:M3MH ソフトウェアに関するウェビナー 機能と特徴について

    マシニングセンタにM3MHを搭載し、機械加工プロセスの最適化に関する一連のウェビナーを2月より開始しました。 プロセス開始前に加工機の状態検証そして最適なワークアライメント、プロセス中またその後に高度な測定、これら一連の優れた機能により製造プロセスの最適化に特化したソリューションです。   今後のウェビナー続編に関する情報は、以下のリンクでご確認ください。Eventos | INNOVALIA METROLOGY | INDUSTRIAL METROLOGY (innovalia-metrology.com)  

  • M3MH: ソフトウェア:欠陥品ゼロの機械加工

    欠陥の無い加工品を造ることは、すべての機械加工従事者が目指すところです。 M3MHソフトウェアは、加工のプロセス前、最中、後と一貫して完全に制御可能であるため、品質の最適化を促進し、可能な限り最高品質の加工を可能にします。 工程中および終了後のM3MHによる検証では、工作機械の検証や、加工対象品のセットアップを可能にし、距離、あらゆる種類の幾何形状、直径、幾何公差、垂直性、対称性、平行性に関する情報など優れた測定レポートを作成し、 NC制御装置に直接接続が可能な測定ソフトウェアであり、プロセス全体の品質を保証することができます。

  • Innovalia Metrology: 5TONIC研究所に三次元測定機Vulkanを設置、高度計測アプリケーションに5G使用を検討

    この度の共同作業の目的は、計測4.0を使用した欠陥品ゼロ製造(ZDM)サービス・ソリューションを製造業界向けに5G技術で行う実験にあります。 そこで、Innovaliaは、三次元測定機、点群取得のための光学センサー、M3ソフトウェアで構成されるM3ハイブリッドなどの計測 4.0ソリューションへのアクセスを提供し、5Gの開発ニーズと今後の計測サービスとのバランス能力を備えた装備を研究所に設置しました。

  • Innovaliaグループ、第1回Innovalia Weekおよび第18回夏季コンベンションをオンラインで開催

    Innovalia グループは7月13日からの4日間に渡り、第一回Innovalia Weekをオンラインで開催。一般にも参加を募り、製造業界の課題を克服するための鍵となる開発途中、あるいは既に販売されているソリューション、ツール、方法論等を共有しました。

  • Innovalia グループ:さらなる技術革新への取り組み

    苦境の中,パラダイムシフトを迫られる時代には、変化に適応し高い技術的価値のある製品を持つことが企業存続の鍵となります。 スペインはバスク州に拠点を置く産業グループ Innovaliaにとって、イノベーションは常にビジネス戦略の一つ。 イノベーションに直接投資する企業もある中で、異なる8つの企業がInnovaliaグループを設立、そこから発生する全ての相乗効果は、まさにイノベーションの結果であり、独自技術と国際化の必要性を追求してきた結果と言えます。 既にひかれたレールに従うだけでなく、自らの未来のクリエーターを目指しています。

  • 生産工場で高まるデジタル化の加速と生産プロセス最適化の必要性.

    現在、私たちは「新しい常識」と呼ばれるものに直面しています。これは、一人一人が適応を余儀なくされる状況であり、一瞬でパラダイムシフトに直面する深刻な変革プロセスと特徴づけることが出来ます。 変化への敏捷性は、今後の競争力の鍵となる要素であり、産業部門ではなおさらです。 COVID-19によって引き起こされた危機は、製造業界の多くの生産活動の停止、労働形態の大きな変化など、世界中のあらゆる産業界に影響を及ぼしています。従って、これまで以上に「欠陥ゼロ製造」及び自動デジタル化が必要になり、製造プロセスの最適化が求められる中、品質管理とInnovalia Metrologyなどのグローバルソリューションプロバイダーの存在が重要になってきています。ここで、当社では、ソリューションを最適化することで、この新しいパラダイムに貢献していますが、例として、光学センサから取得測定点数を増加、M3ソフトウェアの測定ルーチンを自動化、CMMのリモート操作およびメンテナンスソリューションの組み込みなどです。これからの製造業界の課題に挑戦するには、部品メーカーと機器および計測ソリューションのサプライヤ間の緊密な協力が不可欠となってきます。 Innovalia Metrologyは、当社の製品とサービスが業界のデジタルエクセレンスへの道のりにおいて重要な役割を果たすよう、よりデジタルで相互接続された、より自律的な未来の一部となるよう、日々努力を続けています。

  • 製造業界の測定従事者を対象に ウェビナープログラムを開始:M3及びM3MH

    Innovalia Metrologyは、顧客とパートナー企業を対象にしたM3トレーニングプログラムを開始しましたが、引き続き、製造業界において測定に従事される方々を募り測定トレーニングを提供することで、最先端テクノロジーと測定ソリューションに門戸を開きます。

  • Innovalia Metrologyグループ、DatapixelのZ-Fact0rプロジェクト参加

    Innovalia Metrologyは、欧州主要産業界において欠陥ゼロの製造戦略の明確化と実施に取り組んでいます。 欧州研究プロジェクトZ-Fact0rは42か月に渡る開発期間を経て、2020年3月31日無事終了しました。Innovalia Metrologyグループに属するDATAPIXEL社は、Hellenic Center for Research and TechnologyとCERTHが主導するコンソーシアムに技術提供の面で参加し、ATLANTIS、BRUNE大学、EPFLなど欧州において重要な研究開発チームとも協力しています。 Z-Fact0rの目標は、電子部品、超硬合金、高速度鋼工具などの産業分野において欠陥ゼロ製造のための統合管理プラットフォームを構築することです。 このプロジェクトは、製造部品の欠陥検出戦略に基づいて行われており、プロセスと仕上り製品の間のパターン取得に基づいて、欠陥の早期予測が行われ、アルゴリズムによる相関関係によって推奨されるアクションを実装するための防止方法が確立されています。 最後に、より高いレベルのセル管理が可能になり、各製品部品が修理可能か不可かが判断され、ここから現場のオペレーターに、システムの異常な動作を警告するアラートやアラームの形で、リアルタイムに通信可能となります。 DATAPIXEL社は、欠陥検出サブシステムの開発に積極的に携わっており、表面寸法の分析に関しては、各エンドユーザーのニーズに応え、他のサブシステムの主要データソースとして機能するため、Optiscan光学センサの機能を向上させ、バーチャルワークの生成と分析のプロセスを高速化させました。 この技術がZ-Fact0rのエンドユーザーに提供する利点の1つに、設計公差に関して、ユーザーの製品知識の向上を促進する正確で堅牢な測定です。同様に、3D測定ソフトウェアのM3 Analyticsが提供する統計的制御の維持により、製造プロセスの傾向の把握が容易になりました。 DATAPIXELソリューションは、様々な状況、部品のタイプや複雑な形状に左右されることなく、あらゆるニーズへの対応能力を証明し、生産サイクルタイムを均一化させる実績があります。まさに、製品の100%オンライン測定を目指し、新しい製造プロセスを可能にする画期的産業パラダイムへと進化する理想的なソリューションと言えるでしょう。 Z-Fact0rコンソーシアムは、4月末にプロジェクト結果を欧州委員会に提出し、非常に肯定的なフィードバックがあり、欧州産業がより良い品質の生産を保証するため開発した予防策導入の継続を奨励されたばかりです。

  • Innovalia Metrology、無料のウェビナープログラムを開始 M3計測ソフトウェアの新機能をパートナーおよび顧客と共有

    Innovalia グループの計測部門を担うInnovalia Metrologyは、14か国以上にわたるパートナーと協力し、新しい測定技術・手法についてのオンライントレーニングを目的とした無料のウェビナープログラムを3月31日より開始します。