Silvia de la Maza 氏 CAXMAN プロジェクトを発表

1-プロジェクトの目的は何ですか。

CAxManは、付加製造(Additive Manufacturing)のためのコンピュータ支援技術です。主な目的は、その設計、シミュレーション、プロセス計画をサポートするコンピュータ支援技術のためのツールボックス、作業プロセス、および単一のウィンドウをクラウドに確立することです。

2-当プロジェクトにおけるTrimekの役割は何ですか。

TRIMEKは、座標測定機、ロボット、機械統合、デジタル化ソフトウェア、計測ソフトウェアの分野で幅広く経験を積んできました。 また、寸法計測プロセス、計測プラットフォーム、および実部品のデジタル化プロセスに関連するサービスやコンサルティングも提供しており、 機械のメンテナンスや校正から、内部測定やリバースエンジニアリングなど他のサービスにいたるまで、企業が抱え得る計測ニーズを全てカバーします。
プロジェクトにおけるTRIMEKの役割は、以下の点に重点が置かれています。
品質管理と設計を含むさまざまな生産段階での計測ソフトウェアの有用性を実証しつつ、付加製造という新技術のニーズに合わせて計測ソフトウェアの開発しています。

3 – 付加製造の分野において、CAXManプロジェクトの実装は何を意味しますか。

CAxMANは、設計から追加製造のための生産の連鎖の分析に対応するサービスのために、クラウド内のアプリケーション用にマーケットプレイスを提供しています。 したがって、これらのサービスを仲介するために必要なすべてのソフトウェアコンポーネントがCAxManで開発されてきました。また、付加製造用のオープンソースのアルゴリズムツールキットのエコシステムも確立されています。 さらに、CAxMANは、付加製造の生産連鎖の相互運用を可能にするモデルに関する調査結果や、定量化可能な利点の実用的なパターン、学んできた教訓のコレクションを提供しています。 つまり、ツールを提供するだけでなく、企業や機関が同じ間違いを犯さないようにする一連の経験を提供するということです。

4-産業界にどの程度影響があるでしょうか。

付加製造の市場は、2018年に162億米ドルに達すると予測されており、プロセスおよび付加製造機械のコンピュータ支援技術のサポートを可能にするソフトウェアエコシステムへの需要は、すでに高まって来ています。 しかしながら、、プロトタイプや3Dモデルから実際の産業用途に移行するためには、付加製造プロセス後の品質、製品の強度、表面の品質、材質の性能および 形状の制限などを文書化し認定する必要があります。 CAxMANプロジェクトの価値は、ここに見出すことができます。それは、作業プロセスを確立しており、付加製造プロセスの設計、シミュレーション、計画を支援するコンピュータ支援技術のための単一のウィンドウを備えているからです。