Datapixel社 Zfact0rプロジェクトを通じ、生産の品質向上に向けた取り組み

Z-Fact0rプロジェクトは、2016年にHorizon 2020のイニシアチブで発足しました。実施期間は42ヶ月間、研究開発、統合と検証、実証活動、標準化とビジネスモデリング、普及、活用、コミュニケーションとプロジェクト管理など諸活動を含む4段階に分かれています。EUの産業界と学術界を代表し、最先端技術の豊富な経験を踏まえ、EU製造業界において積極的な存在感を持つ13の共同出資社に参加頂いております。

製造業は、欧州のGDPの約21%、雇用の20%を占め、主に中小企業である230,000社に3000万人以上の雇用を提供しています。さらに、この業界の各職務は、関連するサービスにさらに2つは関係していると考えられています。欧州の製造業は、自動車、機械、農工学などの分野で世界を牽引する国際貿易の重要要素でもあります。しかし、すでに低賃金諸国と他のハイテクを売りにしているライバル企業に脅かされているEU企業の状況は、景気後退によってさらに困難になってきています。

Datapixelは、高度なスキャン技術とアルゴリズムの作成を通じて、当プロジェクトを支援しています。スキャン技術は生産品質に関する情報を提供し、アルゴリズムはエラー検出と割振りを非常に迅速かつ自動的に行います。このようにして、生産システムは部品のエラーを数分で識別し修正が可能となるのです。

Z-Fact0rコンソーシアムは広範な最先端の研究を行っています。現在、欠陥ゼロ製造に取り組んでいる様々な活動はありますが、以下に述べる4つの段階を通じて、欧州製造業の品質と生産性の向上を可能にする、革新的で高投資収益率の膨大なビジネスチャンスがあることを認識しています。:

第1段階:技術生成と実験:プロジェクトのこの段階では、Z-Fact0rサブシステムの開発に向けた全ての研究開発活動が含まれています。

第2段階:第1段階からの技術の統合と検証:この段階では、Z-Fact0rプロジェクト実施期間中に実行される全ての統合活動を含みます。この段階での目標は、完全なプロトタイプとしての検証システムを構築することです。各サブシステムは他と微調整され、全サブシステムが単一統合システムとして作動するように最適化するための小さな変更が予測されます。

第3段階:第2段階のZ-Fact0r結果の実証。第2段階の検証活動は、実際の産業用ユースケースにシステムを導入する前に、必要な調整を行うための重要な情報を提供します。究極的には、操作環境でのZ-Fact0rプロトタイプの実証ですが、先ずは、ユースケースで検証された技術の実証になります。必要な動作を監視しKPI評価を実行するために、蓄積された結果は第2段階にフィードバックを提供します。

第4段階:プロジェクト管理と普及、活用、コミュニケーション活動:この段階では、関連する全活動(研究と開発、実証)を把握し、必要なときに必要な措置を講じるため、プロジェクトの全期間を通してこれらの活動を実施します。このため、各段階の期間中、全ての研究開発および実証活動の円滑な進展、そして結果の商業化及び普及を効率的に計画することが保証できます。

上記全4段階を通じ、Z-Fact0rプロジェクトは、欧州産業の生産品質向上を確保するため、予測的な予防システムを導入可能にします。