Innovaliaは、マドリッドで欧州イニシアティブのI4MS会議を毎年開催しています。

欧州委員会のI4MSイニシアティブ(製造中小企業向けICTイノベーション)は、欧州ネットワークの1つであり、2013年7月に第1回目、2015年秋には引き続いて第2回目の会議(総額資金約1億1千万ユーロ)を開催し、以下に述べる3点において、製造業に従事する中小企業支援を目指しています。①デジタル変換の評価、計画、習得に役立つ能力へのアクセスを提供。② 幅広い分野の優れた技術革新ネットワークと優れた実践例へのアクセスを提供。③デジタル変換を習得するため需要と供給両側の中小企業への財政支援を提供。
基本的な考え方として、欧州の能力センター/イノベーションハブ(HPCセンター、トップクラスの大学、テクノロジー応用指向の研究機関など)の支援を得て、国境を越え、全ての参加社にとって有利なWIN- WINの状況を作り出すため、製造中小企業と中堅企業が価値連鎖を通じて協力することを可能にし助成することです。
9月22日にマドリードで開催されたデジタルイノベーションハブの欧州イベントでは、欧州産業デジタル化戦略の重要な柱の一つであるデジタルイノベーションハブ(DIH)の汎欧州ネットワークの実績と次のステップを紹介しました。
Innovaliaはイベントの主催者であり、ヨーロッパのIHLネットワークに積極的に参加しているため、イニシアチブとイベントにおいて重要な役割を果たしています。
AIC(Automotive Intelligence Center)の卓越した施設に当社を置くことで、我がグループの計測部門は、産業用IoTとビッグデータに基づく高度な技術を組み込んだデジタル化サービスと品質管理サービスを提供することができます。
特に、DIHのネットワークの発展に重要な役割を果たしている欧州イニシアチブI4MS(製造中小企業向けICTイノベーション)とSAE(Smart Anything Everywhere)をイベントで焦点を当てる予定です。 さまざまなハブや中小企業が、DIHの設定、強化、ネットワーク化に関する実践的な情報を提供して、各々の経験や実績を発表します。 優れた実践と経験を情報交換することで、加盟国と加盟国の代表、欧州のイニシアチブおよびその他の関連する団体は、2020年以降もDIHのネットワークを如何に強化していくのか、その方法を模索し続けるでしょう。
第一回CONNECTED INDUSTRY会議に密接に関係して、9月21日にマドリッドでは、欧州委員会の代表、スペイン、フランス両国の経済産業省庁代表、Innovalia が主催した会議では、DIHのネットワークの改善のための方法を議論しました。