InnovaliaはEU(欧州連合)のデジタル化関連施設であるDigital Innovation Hubを立ち上げました。

数カ月前に欧州委員会のプロジェクトであるBeinCPPSの総会がAICで開催されました。 BeinCPPSは、Horizon 2020の中小企業(I4MS)向け最新式生産システムに関連したICTイノベーション支援プログラムで最も重要なプロジェクトの1つです。

このイニシアチブにおいては、最初の段階で1億1千万ユーロ以上を投資しています。その目的は、試験的製造プロセスを通し、異なった分野の中小企業の製品と製造プロセスの競争力を向上させる能力が、IoT(Internet of Things)やビッグデータにあると実証することです。
BeinCPPSは、デジタルイノベーションハブとして、デジタル支援構造を導入し、最新式生産システムを導入している5つの主要欧州地域(スペインのバスク地方Euskadi、イタリアのLombardy、ドイツのBaden Wuertemberg、ポルトガル北部、フランスのRhone Alpes)で開催されます。
プロジェクトの一環としてAICにInnovaliaを置き、Trimekのハイテクシステムを使った最新式品質管理サービス向けに特別計測能力施設を設置し、中小企業を戦略的に製造欠陥ゼロに導くことを目的としています。
プロジェクトに新規企業を統合し、ヨーロッパの開発地域を組み入れることで、Industry 4.0のデジタル技術訓練の需要にトップレベルの施設で対応可能となりました。 また、新しいデジタルビジネス戦略を開発し、最先端のデジタルプラットフォームや最新の高度生産プロセス開発のためのプラットフォームにアクセス可能になります。
Innovaliaの有するこの技術は、企業が革新的な品質管理の構想にアクセス出来るため、既に多くのプロジェクトや取り組みからの注目を集めています。 また、バスクに本社を構える当社は、先進的な生産に向けた技術革新の原動力となるでしょう。