Innovalia Metrology、フランス、ドイツ、アルゼンチンの3か国において出展

Innovalia グループ計測部門のInnovalia Metrologyは、先月、ハノーバー(ドイツ)EMO展、パリ(フランス))MWC展、ブエノスアイレス(アルゼンチン)AOG展、合わせて3つの展示会に参加、当社の計測ソリューションを展示してきました。
これらの展示会を通じ、全てのプロセスにおいてプロセスの品質を管理し、品質管理マルチシステムの普遍的プラットフォームであるM3に焦点をあててきました。 Innovalia Metrologyは、独自のM3テクノロジーにより、異なるプロセスでの直接用途を提案し、M3を一つのワークフローに完全に統合させ、測定および生産プロセスを最適化する様々な製品を開発しています。
ポータブルタイプアーム型3D測定機または測定用治具を使用して、工作機械、三次元測定機、あるいは生産ライン自体で品質管理、制御、評価を可能にするソリューションに加えて、プロセス自体の評価と最適化のための検証、キャリブレーション、統計分析ツールも取り揃えています。
パリのMWC展期間中、当Innovalia グループInnovalia AssociationのOscar Lázaro代表が、CIM会議において「測定チェーンとトレーサビリティのセキュリティ」というテーマでプレゼンテーションを行いました。Innovalia Metrologyの歩みだけでなく、産業界自体の目的と課題を明確にし、産業品質業界内での当社の存在と位置付けの強化に一役買いました。
Innovalia Metrologyは、産業界が欠陥品ゼロ製造に向けてさらなる前進を可能にするソリューションを提供するためには、イノベーションを継続する必要性を強調しています。そこで、ライブデモを行ったM3ハイブリッドですが、長年培った経験と絶え間ないイノベーションの賜物であり、M3 ソフトウェアにより測定プロセスを簡素化出来るチャンスです。測定対象物のデジタルコピーを作成し、時と場所を問わず繰り返し測定可能になり、デジタル計測について理解を深め、欠陥品ゼロ製造の概念に確実に近づきつつあります。当社の光学センサーOptiscanに関しては、プラスチック部品の測定に最適であり、精度の大幅向上と測定時間の最適化、そしてサイクルタイムの改善を促します。
Innovalia Metrologyは、先月出展した展示会においても、来場した多くの専門家の注目を集めていましたが、M3 ハイブリッドとM3テクノロジーにより、常にプロセスを制御しつつ、産業界がデジタル化、自動化、バーチャル化、改善への飛躍を可能にし、生産性の常時完全最適化に挑戦する計測ソリューションを提供します。

Jesús de la Maza, the Innovalia Group President, Borja de la Maza, the Innovalia Metrology director, Arantza Tapia Minister of Economic Development and Infrastructure of the Basque Government and part of the Basque Covernment.

The Innovalia Metrology Team at the AOG in Argentina

The Innovalia Metrology team at the MWC in Paris