Innovalia Metrologyグループ、DatapixelのZ-Fact0rプロジェクト参加

Innovalia Metrologyは、欧州主要産業界において欠陥ゼロの製造戦略の明確化と実施に取り組んでいます。

欧州研究プロジェクトZ-Fact0rは42か月に渡る開発期間を経て、2020年3月31日無事終了しました。Innovalia Metrologyグループに属するDATAPIXEL社は、Hellenic Center for Research and TechnologyとCERTHが主導するコンソーシアムに技術提供の面で参加し、ATLANTIS、BRUNE大学、EPFLなど欧州において重要な研究開発チームとも協力しています。

Z-Fact0rの目標は、電子部品、超硬合金、高速度鋼工具などの産業分野において欠陥ゼロ製造のための統合管理プラットフォームを構築することです。

このプロジェクトは、製造部品の欠陥検出戦略に基づいて行われており、プロセスと仕上り製品の間のパターン取得に基づいて、欠陥の早期予測が行われ、アルゴリズムによる相関関係によって推奨されるアクションを実装するための防止方法が確立されています。 最後に、より高いレベルのセル管理が可能になり、各製品部品が修理可能か不可かが判断され、ここから現場のオペレーターに、システムの異常な動作を警告するアラートやアラームの形で、リアルタイムに通信可能となります。

DATAPIXEL社は、欠陥検出サブシステムの開発に積極的に携わっており、表面寸法の分析に関しては、各エンドユーザーのニーズに応え、他のサブシステムの主要データソースとして機能するため、Optiscan光学センサの機能を向上させ、バーチャルワークの生成と分析のプロセスを高速化させました。

この技術がZ-Fact0rのエンドユーザーに提供する利点の1つに、設計公差に関して、ユーザーの製品知識の向上を促進する正確で堅牢な測定です。同様に、3D測定ソフトウェアのM3 Analyticsが提供する統計的制御の維持により、製造プロセスの傾向の把握が容易になりました。

DATAPIXELソリューションは、様々な状況、部品のタイプや複雑な形状に左右されることなく、あらゆるニーズへの対応能力を証明し、生産サイクルタイムを均一化させる実績があります。まさに、製品の100%オンライン測定を目指し、新しい製造プロセスを可能にする画期的産業パラダイムへと進化する理想的なソリューションと言えるでしょう。

Z-Fact0rコンソーシアムは、4月末にプロジェクト結果を欧州委員会に提出し、非常に肯定的なフィードバックがあり、欧州産業がより良い品質の生産を保証するため開発した予防策導入の継続を奨励されたばかりです。