Innovalia Metrology 航空部門に特化した第2回セールス研修をCFAAにて開催

Innovalia Metrologyでは、CFAA(航空関連高度製造センター)にて、航空部門に特化した第2回セールス研修を開催
先日、航空業界に特化した冬季セールス研修会が、Zamudio市(スペイン、ビズカヤ県)科学技術地区にある航空関連高度製造センター(CFAA)で開催され、計測業界と航空業界共通の未来に備えて、お互いの経験と成功例を共有し、改善、新規性、同社の過去数ヶ月に開発された製品の紹介がありました。
新規会員の編入が承認されるCFAAのビジネス協会で開かれた議会において、Innovalia MetrologyグループのTrimek社 はCFAA理事会のメンバーに選出されました。現在、CFAAの施設を利用し、I+Dプロジェクトを通して、先進的な航空製造技術の研究開発に協力しています。
この第2回研修会では、Innovalia Metrology の営業部長、Iker Landa氏の講義があり、来年の国際化プロジェクトの一般的なビジョンと、同社の製品ポートフォリオに新しい計測が組み込まれることに焦点が当てられました。これらは、M3MHの場合と同様に、生産サイクルを最適化し、工作機械に高度な品質管理システムを組み込んでいます。さらに、当日はCFAAの施設訪問自体に大きな意味がありましたが、最後には、M3およびM3 Analyticsソフトウェアの開発チームよる実演があり、参加者一人一人が個別に指導を受けて一日を締めくくりました。
昨年は、Innovalia Metrologyにとって大変重要な一年でした。今まで、なかなか手の届かなかった市場を席捲したといっても過言ではありません。「我々はより大きく、より強く成長し、様々な市場で弊社のソリューションは名を馳せています。これは、非常に有意義なことです。」と営業部長もコメントしています。より速く、より優れた製造を継続的に探究してきたおかげで、航空分野における品質管理の簡潔化と促進に様々な選択肢を開発し、我々のブランドと欧州の技術は、品質管理・技術革新の基準として位置付けられています。