Unimetrikは欧州のH2020プロジェクトADALAMのリーダーとして、ゼロ故障生産に貢献しています。

ADALAMは、EU最大の研究と技術革新プログラムであるHorizo​​n 2020において, (未来のPPP 工場)の研究開発プロジェクトです。主な目標は、超短パルスレーザーアブレーション、新しい深度測定センサー、高度なデータ解析ソフトウェア、自動システム較正ルーチンを備えた適応型レーザーマイクロ加工システムを開発することです。

Innovalia MetrologyグループであるUnimetrikは当プロジェクトの主催者であり、CARSAとDatapixelと共にDemal、Focal、Fraunhofer IPT、Lumentum、Lightmotif、Sandvik、Sill、XYcarb Ceramicsなどのヨーロッパの他の機関の協力を得てADALAMの実現を目指しています。

さらに、UNIMETRIK は、包括的測定ソリューション(センサー+機械運動学)の方法論的特徴付けと評価、及び、その校正と認証を担当しており、そこには、誤差の原因、機械および測定プロセスへの影響の識別、特殊な較正用アーチファクトの開発も含まれています。

DATAPIXELも同じくInnovalia Metrologyのグループであり、点群自動取得と解析ソフトウェアの開発と実装に携わっています。このソフトウェアは、シリコンウエハキャリア上の直径約20μmの欠陥を検出することができ、また、ドリルの複雑な形状と幾何学的形状を検出して、精密機械加工を可能にするよう正確な位置合わせができます。適応レーザーマイクロ加工システムは、制御ソフトウェアの特別な適応を必要とする多種多様な用途に使用されてきました。このため、ADALAMシステムはモジュラーアプローチに基づいて開発されており、将来の新しいアプリケーションの開発が容易になるでしょう。開発されたソリューションは、システムの3つの異なる用途を表す産業用エンドユーザー向けに特別に最適化されています。

・プロセス偏差にマイクロ加工プロセスを適応。

・ワーク上に存在する欠陥検出および除去をマイクロ加工プロセスに適応。

・複雑な3Dツールの形状や配置の偏差に適応したレーザ加工によるテクスチャ処理のガイドと適応。

ADALAMは、生産システムに適応した超短パルスレーザーを使用し、オンライン測定結果を監視し、ハイエンド製品の品質を必要とするプロセスにおいて、材料と過程を検証する最終的な品質管理を監視するメリットを実証しています。